アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトの効果・成分!アスタリフトとの違いも分かる

更新日:

アスタリフトホワイトとは?

アスタリフトホワイトとは?

富士フィルムから販売されているアスタリフトホワイトは美白ケアに役立つスキンケアシリーズです。
美白有効成分や独自成分が届く・働くことでこれからのシミやそばかす、くすみを予防します。

アスタリフトホワイトのラインナップ

  • ブライトローション(美白化粧水)【医薬部外品】130mL
  • エッセンスインフィルト(美白美容液)【医薬部外品】30mL
  • クリーム(美白クリーム)【医薬部外品】30g
  • パーフェクトUVクリアソリューション(UVクリア美容液・化粧下地)<SPF50+・PA++++>30g
  • ブライトニングマスク(美白シート状マスク)【医薬部外品】
  • クリアトリートメント(ふきとり美容液)

こちらがアスタリフトホワイトのシリーズ一覧です。
基本の美白化粧水や美白美容液などはトライアルキットでお得に体験できるのでぜひ試してみてください。
また、スタリフトの先行美容液を試せるトライアルキットもあるので美白ケアとうるおい不足をケアしたい方にはおすすめです。

アスタリフトホワイトとアスタリフトの違いは?

アスタリフトホワイトとアスタリフトの違いは?

・アスタリフト
⇒ハリとうるおいをケアし、シワ・たるみが特に気になる方におすすめ

・アスタリフトホワイト
⇒美白ケアとハリケアをし、シミ・くすみが特に気になる方におすすめ

主な違いはこちらになります。
また、アイテム数はアスタリストホワイトよりもアスタリフトが多いです。

悩みに合わせてアスタリフトとアスタリフトホワイトを併用するのもおすすめです。
特にアスタリフトホワイトにはないアスタリフトのメイク落とし、洗顔料、先行美容液、目元クリームを使ってみてください。

アスタリフトホワイトの効果・成分とは?

アスタリフトホワイトの効果・成分とは?

アスタリフトホワイトシリーズに配合されている主な成分の効果をご紹介します。

独自成分「ナノAMA」&「ナノAMA+」

独自成分「ナノAMA」&「ナノAMA+」

センテラアジアチカから抽出された3つの化合物であるアジア酸・マデカッソ酸・アジアチコシドを複合したのがAMAという植物性成分です。
しかし、そのままでは水・油どちらにも溶けにくい・大きいため富士フィルムではナノテクノロジーによってナノ化しナノAMAを開発しました。
ナノAMAにはメラノサイトを眠らせることで、メラニンの生成を抑える効果が期待できます。

フェルラ酸

そして、ナノAMAに米由来成分のフェルラ酸の複合成分「ナノAMA+」が、クリアでうるおいのある肌へ導くことに役立ちます。

ブライトローションにはナノAMA+が配合され、エッセンスインフィルトやクリームなどにはナノAMAが配合されいています。

独自成分「ナノオリザノール」

独自成分「ナノオリザノール」

オリザノールは米ぬか・米胚芽から抽出された植物性成分で、富士フィルムの独自技術でナノ化されたのがナノオリザノールです。
アスタリフトホワイトの美白美容液に配合され、シミの原因となるシミの骨を分解を促進してくれる効果が期待できます。

美白有効成分「アルブチン」

美白有効成分「アルブチン」

メラニンの生成を抑えることでシミやくすみを防ぐ効果が期待できます。
ビタミンCと一緒に与えることで相乗効果があると言われています。

ブライトローションやクリームに配合されています。

美白有効成分「ビタミンC誘導体」

美白有効成分「ビタミンC誘導体」

メラニンの生成を抑えてシミを予防したり、抗酸化作用や皮脂の分泌や炎症を抑えることが期待できます。
シミやニキビなどに効果が期待できる成分です。

肌荒れ有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」

肌荒れ有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」

抗炎症作用があり、肌荒れやニキビの炎症を抑える効果が期待できる成分です。
ニキビが悪化するとニキビ跡からシミになってしまうことがあります。

うるおい成分

うるおい成分

  • アスタキサンチン
  • 3種のコラーゲン
  • 海藻エキス
  • 酵母エキス
  • マロニエエキス
  • アンズ果汁

アスタリフトホワイトのアイテムには様々なうるおい成分が配合されています。
アイテムによってうるおい成分は違いますが、美白ケアをしながらうるおうスキンケアになっています。
そして、クリームなどの色が赤いのはアスタキサンチンの色です。

アスタリフトホワイトはすでにあるシミ・くすみの美白効果はある?

アスタリフトホワイトはすでにあるシミ・くすみの美白効果はある?

美白有効成分のアルブチンやビタミンC誘導体にはシミやくすみを予防する効果が期待できます。
そのため、すでにあるシミを美白するのには時間がかかりそうです。

アスタリフトホワイトはすでにあるシミ・くすみの美白効果はある?

しかし、うるおい成分なども配合されているので時間はかかりますがターンオーバーを改善していくことでシミやくすみを改善していくことが期待できます。
使い続けることによって少しずつ改善し、そしてこれ以上シミが濃くなったり、増えないように予防していくケアをしていくのがおすすめです。

アスタリフトホワイトは肝斑に効果はある?

アスタリフトホワイトは肝斑に効果はある?

肝斑は女性ホルモンなどの関係でできるシミの仲間といわれていて、30代から40代頃や妊娠などで女性ホルモンに変化がある際に両方の頬骨あたりに現れることがあります。
年齢を重ねていくと薄くなる・消えることもあるのが特徴です。
治りにくいので皮膚科に行くことをおすすめします。

同時に肝斑には美白ケアと紫外線対策をしっかりとするのがおすすめです。
これ以上悪化しないようにアスタリフトホワイトで予防してみてください。

アスタリフトホワイトは目の下のくまに効果はある?

アスタリフトホワイトは目の下のくまに効果はある?

くまにも種類があるのですが、青色のくま(青クマ)は血行不良や皮膚の薄さが原因となっているので、アスタリフトホワイトではあまり効果がありません。
マッサージなどで血行を改善していくケアがおすすめです。

黒クマと茶クマについてはアスタリフトホワイトが役立ちます。

黒クマはたるみによって影になってしまっていることが原因です。
コラーゲンが減少し、加齢によってあらわれるのでアスタリフトホワイトに配合されいてるアスタキサンチンなどのうるおい成分によって改善が期待できます。
同時にマッサージや紫外線対策をするのがおすすめです。

茶クマは色素沈着が原因として考えられるのでアスタリフトホワイトに効果が期待できます。
美白有効成分とうるおい成分が配合されているので、これ以上シミにならないように予防しながら改善していくことが期待でいます。

アスタリフトホワイトは乾燥に効果はある?

アスタリフトホワイトは乾燥に効果はある?

美白ケアなのでアスタリフトホワイトだとうるおい不足が心配な乾燥肌の方もいるようです。

そういった方にはアスタリフトの先行美容液とアスタリフトホワイトを併用するのがおすすめです。
アスタリフトジェリーアクアリスタはジェリー状先行美容液でアスタリフトホワイトを使う前に使用することで美白ケアをする土台を作ります。

アスタリフトホワイトと一緒にアスタリフトの先行美容液を試せるトライアルキットから体験してみるのがおすすめです。

アスタリフトホワイトは毛穴に効果はある?

アスタリフトホワイトは毛穴に効果はある?

毛穴の開きや毛穴目立ちなどの毛穴悩みがある方は多いですよね。
それは皮脂の過剰分泌や肌のたるみが原因として考えられます。

アスタリフトホワイトにはアスタキサンチンや3種のコラーゲンなどうるおい成分が配合されているので、ハリのある肌へ導くことに期待できます。
皮脂の過剰分泌をコントロールするビタミンC誘導体や色素沈着による毛穴の黒ずみをケアする美白有効成分も配合されています。

また、よりうるおいを重視したケアで肌のハリを改善したい場合はアスタリフトと併用するのもおすすめです。
アスタリフトの先行美容液とアスタリフトホワイトを一緒に使用してハリのある肌を目指すケアをしてみてください。

アスタリフトホワイトだと白斑は大丈夫?

アスタリフトホワイトだと白斑は大丈夫?

美白ケアをするスキンケアだと白斑が気になりますよね。
白斑は肌が部分的に白くなってしまうというものです。
ロドデノールという成分が配合された美白化粧品を使用した場合に白斑が起こってしまったことがあります。

ビタミンC誘導体

もちろんアスタリフトホワイトには配合されていません。
アスタリフトホワイトの美容有効成分は以前から様々な化粧品に配合されてきたアルブチン、ビタミンC誘導体です。

心配な方はトライアルキットから始めて、見えにくい場所でパッチテストを行なってから使用するのがおすすめです。

-アスタリフトホワイト

Copyright© アスタリフト・アスタリフトホワイトの口コミ・効果 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.